不景気.com > 企業不況 > 双葉電子が取立不能おそれ、米取引先「Hobbico」破綻で

双葉電子が取立不能おそれ、米取引先「Hobbico」破綻で

双葉電子が取立不能おそれ、米取引先「Hobbico」破綻で

東証1部上場で蛍光表示管やラジコン機器製造の「双葉電子工業」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先でホビー製品の製造・販売を手掛ける「Hobbico」(アメリカ・イリノイ州)が、1月10日付で連邦破産法第11章を申し立てたための措置で、債権額は売掛金など約2億6100万円の見込みです。

なお、当該債権が業績に与える影響については現在精査中で、修正が生じる場合には速やかに公表するとのことです。

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ:双葉電子工業

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事