不景気.com > 国内倒産 > 葬儀保証の「福岡県ゴールド事業協同組合」に破産決定

葬儀保証の「福岡県ゴールド事業協同組合」に破産決定

葬儀保証の「福岡県ゴールド事業協同組合」に破産決定

官報によると、福岡県福岡市に本拠を置く葬儀保証組合の「福岡県ゴールド事業協同組合」は、12月4日付で福岡地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

県内にある複数の葬儀業者により1980年代に設立された同組合は、会員が年会費を支払うと、葬儀費用を補填してもらえる葬儀保証サービスを手掛け、ピーク期には会員数が3000人規模に拡大していました。

しかし、会員の高齢化が進むと、亡くなる会員が増えたことで支出が急増した一方、会員数は減少の一途を辿ったことで収支が悪化し、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事