不景気.com > 国内倒産 > ゲーム開発「テクノマリア」(旧・エンタースフィア)に破産決定

ゲーム開発「テクノマリア」(旧・エンタースフィア)に破産決定

ゲーム開発「テクノマリア」(旧・エンタースフィア)に破産決定

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京都港区に本拠を置くゲームソフト開発の「株式会社テクノマリア」は、12月20日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2008年に「株式会社エンタースフィア」の商号で設立の同社は、大手ゲーム会社を主な取引先として、ゲームソフトの企画・開発・販売を主力に事業を展開するほか、自社カードバトルゲームのサービス運営も手掛けていました。

その後は、2013年に中堅ゲーム会社の傘下に入ったものの、2015年にはグループから離脱し、その間、一部の開発案件で不調があったことから資金繰りが行き詰まり、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億5000万円の見通しです。

ゲームソフト開発のテクノマリア(旧:エンタースフィア)が破産 (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事