不景気.com > 企業不況 > Abalanceが米子会社「Realcom U.S.」を解散

Abalanceが米子会社「Realcom U.S.」を解散

Abalanceが米子会社「Realcom U.S.」を解散

東証マザーズ上場でソフトウェア開発や太陽光事業などを手掛ける「Abalance」は、100%出資子会社の「Realcom U.S.」(アメリカ・デラウェア州)を解散および清算すると発表しました。

2008年に設立の同子会社は、アメリカにおいてソフトウェアの開発および販売を手掛けていたものの、経営不振により事業を譲渡したうえで、2011年6月に閉鎖し清算に向けて手続きを行っていました。

2017年10月に同子会社のインド子会社「Realcom Technology India」の清算が結了したことに伴い、Realcom U.S.の清算手続きを進めることができるため、その一環として解散の決議に至ったようです。なお、この解散に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:Abalance

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事