不景気.com > 企業不況 > 東都水産が子会社「東水フーズ」を特別清算、事業を廃止

東都水産が子会社「東水フーズ」を特別清算、事業を廃止

東都水産が子会社「東水フーズ」を特別清算、事業を廃止

東証1部上場の水産物卸「東都水産」は、100%出資子会社の「東水フーズ」(千葉県船橋市)の事業を廃止し、解散および特別清算すると発表しました。

2007年に設立の東水フーズは、メバチマグロの加工を主力に事業を展開しているものの、原料高騰による値上げを要因として売上が減少し、近年は赤字が続くなど業績が悪化しています。

また、冷凍機器用の冷媒・フロンが2020年に全廃されることに伴い、東都水産が所有し、東水フーズが事業所として使用している船橋工場について、事業継続には莫大な設備投資が必要となるため、現状での事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、2018年3月31日付で東水フーズにて解散を決議し、同日付で特別清算の開始を申し立て、6月30日をめどに特別清算が結了する予定です。

なお、東水フーズの特別清算に伴い、東都水産は東水フーズに対する貸付金など13億8100万円を債権放棄する方針です。

連結子会社の解散・特別清算および債権放棄に関するお知らせ:東都水産

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事