不景気.com > 国内倒産 > 福島の鮮魚販売「ト印商店」が自己破産申請、負債5億円

福島の鮮魚販売「ト印商店」が自己破産申請、負債5億円

福島の鮮魚販売「ト印商店」が自己破産申請、負債5億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、福島県いわき市に本拠を置く鮮魚販売の「株式会社ト印商店」は、12月4日付で福島地方裁判所いわき支部へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1950年に創業の同社は、サンマの買付・販売を主力に事業を展開していたものの、魚価低迷で売上が減少したほか、東日本大震災の影響による水揚げの減少で業績が悪化していました。

さらに、近時のサンマ不漁が追い打ちを掛けたことで、債務超過に陥るなど資金繰りが行き詰まったため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事