不景気.com > 赤字決算 > サイオスの17年12月期は7億円の最終赤字へ、無配

サイオスの17年12月期は7億円の最終赤字へ、無配

サイオスの17年12月期は7億円の最終赤字へ、無配

東証2部上場でソフトウェア・システム開発の「サイオス」は、2017年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が7億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績予想:サイオス

売上高営業損益純損益
前回予想 126億円 5億円 3億2000万円
今回予想 124億5000万円 3億円 △7億円
前期実績 120億8000万円 4億7400万円 2億5400万円

金融機関向けソリューションを手掛ける子会社「Profit Cube」において、マイナス金利導入の影響による顧客の設備投資の抑制や一時見送りで、製品販売の遅れが生じるなど業績が悪化していることから、のれんや固定資産などの損失として最大で8億6500万円の減損損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、純損益の赤字見込みを受け、年間配当を無配とすること、役員報酬の一部を返上することも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:サイオス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事