不景気.com > 赤字決算 > 千趣会の17年12月期は126億円の最終赤字へ

千趣会の17年12月期は126億円の最終赤字へ

千趣会の17年12月期は126億円の最終赤字へ

東証1部上場で通信販売の「ベルメゾン」を展開する「千趣会」は、2017年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が126億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年12月期通期連結業績予想:千趣会

売上高営業損益純損益
前回予想 1269億円 △38億円 △104億円
今回予想 1247億6000万円 △51億2000万円 △126億5000万円
前期実績 1290億7400万円 11億9400万円 14億2000万円

カタログ部数およびページ数の削減による売上の減少に加え、消化率の向上を目指した値下げ販売の積極化で評価損が増加する見込みとなりました。

また、今年11月に実施した希望退職者の募集について、想定を大幅に上回る応募があったことから、特別退職金などの費用も増加する結果となり、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

なお、年間配当については、今年7月の下方修正時点で無配とすることを明らかにしています。

業績予想の修正に関するお知らせ:千趣会

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事