不景気.com > 不景気ニュース > 9月の生活保護は35世帯増で過去最多を更新、人数は減

9月の生活保護は35世帯増で過去最多を更新、人数は減

9月の生活保護は35世帯増で過去最多を更新、人数は減

厚生労働省が発表した「被保護者調査」(概数)によると、2017年9月の生活保護受給世帯数は、前の月に比べて35世帯増加し、164万2273世帯となりました。一方、受給人数は前の月に比べて1400人減少し、212万5803人となりました。

被保護世帯数および被保護実人員:厚生労働省調べ

被保護世帯数被保護実人員
2017年9月 164万2273世帯 212万5803人
2017年8月 164万2238世帯 212万7203人
2017年7月 164万1087世帯 212万7205人
2017年6月 164万0519世帯 212万8659人
2017年5月 163万9558世帯 213万0482人
2017年4月 163万7405世帯 213万1676人
2017年3月 164万1532世帯 214万5415人
2017年2月 163万8944世帯 214万1881人
2017年1月 163万9460世帯 214万3887人
2016年12月 164万0205世帯 214万5667人
2016年11月 163万9525世帯 214万5930人
2016年10月 163万7866世帯 214万4759人
2016年9月 163万6902世帯 214万5114人

高齢者以外の被保護世帯は減少傾向が続いているものの、単身の高齢者世帯を中心に、高齢者世帯の増加が続いていることから、被保護世帯は過去最多を更新する結果となりました。

被保護者調査(平成29年9月分概数)|厚生労働省

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事