不景気.com > 国内倒産 > 健康食品製造「京都栄養化学研究所」が民事再生法申請

健康食品製造「京都栄養化学研究所」が民事再生法申請

健康食品製造「京都栄養化学研究所」が民事再生法申請

信用調査会社の帝国データバンクによると、京都府精華町に本拠を置く健康食品製造の「株式会社京都栄養化学研究所」は、12月21日付で京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1908年(明治41年)に創業の同社は、クロレラや青汁など各種栄養補助食品の製造・販売や、それら商品の受託開発・製造を主力に事業を展開し、特にクロレラの販売で業容を急拡大したほか、クロレラをはじめとする特許も取得するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による受注の減少に加え、異業種の参入による競争激化も重なり業績が悪化すると、2001年と2009年に工場を新設したことに伴う借入金が資金繰りを逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約12億円の見通しです。

京都の老舗健康食品メーカー、京都栄養化学研究所が民事再生 (帝国データバンク) Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事