不景気.com > 海外倒産 > 米服飾雑貨ブランド「チャーミング・チャーリー」が破産法申請

米服飾雑貨ブランド「チャーミング・チャーリー」が破産法申請

米服飾雑貨ブランド「チャーミング・チャーリー」が破産法申請

アメリカ・ヒューストンに本拠を置くファッション雑貨ブランドの「チャーミング・チャーリー」は、12月11日付でデラウェア州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

2004年に設立の同社は、主に若年女性をターゲットとして、手軽な価格帯のアクセサリー・バッグ・小物・靴などの服飾雑貨を展開し、北米を中心に約375店舗を構えるなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、積極的な事業拡大により資金需要が多忙だったことも重なり、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。なお、当面は通常通りの営業を継続するとのことです。

Restructuring Information | Charming Charlie

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事