不景気.com > 赤字決算 > サン電子の18年3月期は15億円の営業赤字へ、受注減で

サン電子の18年3月期は15億円の営業赤字へ、受注減で

サン電子の18年3月期は15億円の営業赤字へ、受注減で

ジャスダック上場でパチンコ機器や通信機器・ゲームソフトを手掛ける「サン電子」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:サン電子

売上高営業損益純損益
前回予想 260億円 2億円 △2億円
今回予想 240億円 △15億円 △12億円
前期実績 246億9800万円 1億4100万円 △5億8100万円

取引先となるパチンコホールの設備投資の抑制で、ホールシステムの受注が想定を下回っているほか、モバイルライフサイクル事業におけるデータ移行の需要減少や競争激化、さらに、AR事業・VR事業では開発期間の延長に伴う販売開始時期の遅延も重なり、営業損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:サン電子

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事