不景気.com > 国内リストラ > 住友金属鉱山が特殊合金鋳造品事業から撤退、受注減で

住友金属鉱山が特殊合金鋳造品事業から撤退、受注減で

住友金属鉱山が特殊合金鋳造品事業から撤退、受注減で

東証1部上場で非鉄金属製錬や先端材料製造の「住友金属鉱山」は、特殊合金鋳造品の製造・販売を手掛ける100%出資子会社「太平金属工業」(神奈川県大和市)の事業から撤退すると発表しました。

1940年に設立の太平金属工業は、特殊合金鋳造品の設計・製造・組立・販売を手掛けているものの、景気低迷以降、プラント建設などの設備投資が減少したことで、受注量・金額ともに大きく減少したほか、安価な海外品との競争激化により採算が悪化しているため、事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、2018年6月末をめどに事業から撤退し、その後は設備の撤去工事を行い、2019年度中に解散を決議する予定です。なお、この事業撤退に伴い約30億円の損失を見込むとのことです。

連結子会社の事業撤退に関するお知らせ:住友金属鉱山

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事