不景気.com > 国内倒産 > 鍵盤打楽器メーカー「斉藤楽器製作所」が自己破産申請へ

鍵盤打楽器メーカー「斉藤楽器製作所」が自己破産申請へ

鍵盤打楽器メーカー「斉藤楽器製作所」が自己破産申請へ

東京都町田市に本拠を置く鍵盤打楽器専門メーカー「株式会社斉藤楽器製作所」は、11月6日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1947年に創業の同社は、マリンバ・シロフォン・ビブラフォン・立奏用鉄琴・グロッケン・マレットなど鍵盤打楽器の専門メーカーで、日本国内での自社一貫製造や職人によるハンドメイド製造を特徴として、「サイトウ」ブランドの名で国内外の著名演奏家や音楽大学・オーケストラに広く認められていました。

しかし、需要の落ち込みに伴う売上の減少に加え、経営者・従業員の高齢化も重なり業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約5億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事