不景気.com > 国内倒産 > 岡山のガソリンスタンド経営「西大寺アポロ」が破産申請へ

岡山のガソリンスタンド経営「西大寺アポロ」が破産申請へ

岡山のガソリンスタンド経営「西大寺アポロ」が破産申請へ

信用調査会社の東京商工リサーチによると、岡山県岡山市に本拠を置くガソリンスタンド経営の「西大寺アポロ株式会社」は、11月14日までに事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1963年に設立の同社は、岡山市内にてガソリンスタンドを3店舗経営していたものの、価格競争の激化などから業績が悪化したため、不採算店舗の閉鎖による収益改善を目指したものの、その後も業況は悪化の一途を辿ったことから、2017年7月末で事業を停止していました。

2016年9月期末時点の負債総額は約2億5000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事