不景気.com > 赤字決算 > 大戸屋の18年第2四半期は5000万円の最終赤字へ

大戸屋の18年第2四半期は5000万円の最終赤字へ

大戸屋の18年第2四半期は5000万円の最終赤字へ

ジャスダック上場で飲食店経営の「大戸屋ホールディングス」は、2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:大戸屋ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 134億円 2億8000万円 1000万円
今回予想 129億円 2億3000万円 △5000万円
前年同期 126億4600万円 2億5300万円 2900万円

新メニューの導入など売上高の回復を目指したものの、売上への寄与は限定的だったことから、四半期純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。なお、通期業績は従来の予想を据え置いています。

業績予想の修正に関するお知らせ:大戸屋ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事