不景気.com > 企業不況 > 沖縄銀行が取立不能のおそれ、取引先「倉敷環境」に対し

沖縄銀行が取立不能のおそれ、取引先「倉敷環境」に対し

沖縄銀行が取立不能のおそれ、取引先「倉敷環境」に対し

東証1部・福証上場の地方銀行「沖縄銀行」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の産業廃棄物収集運搬・処分業「株式会社倉敷環境」(沖縄県沖縄市)に対し、沖縄県が11月20日付で産業廃棄物収集運搬業許可を取消したことに伴い、同社の事業継続が困難になったための措置です。

債権額は、「倉敷環境」に対して貸出金17億9900万円、同社の親会社で持株会社の「サザントラスト株式会社」に対して貸出金7億7500万円、2社合計で25億7400万円の見込みです。なお、当該債権については必要額を引当済みのため、業績予想の修正はないとのことです。

債権の取立不能又は取立遅延のおそれに関するお知らせ:沖縄銀行

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事