不景気.com > 国内倒産 > 札幌の電話通信機器製造「neix」が民事再生、負債26億円

札幌の電話通信機器製造「neix」が民事再生、負債26億円

札幌の電話通信機器製造「neix」が民事再生、負債26億円

信用調査会社の帝国データバンクによると、北海道札幌市に本拠を置く電話通信端末機器メーカー「株式会社neix」は、11月20日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1993年に「有限会社ネイクス」の商号で設立の同社は、通話録音装置やDP/PB変換装置・回線切替装置・受付案内システムなど、コールセンターソリューションや通信インフラ向け各種機器の開発・製造を主力に事業を展開し、東京や大阪に営業拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による企業の設備投資の抑制で受注が減少すると、積極的な事業拡大が裏目となり資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約26億円の見通しです。

neix(旧:ネイクス)が民事再生を申請 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事