不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの18年第2四半期は680億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第2四半期は680億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第2四半期は680億円の最終赤字

東証1部上場でディスプレイ製造大手の「ジャパンディスプレイ」は、2018年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が680億3300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期第2四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
2018年3月期(2Q) 3738億5600万円 △268億600万円 △680億3300万円
前年同期 3709億8300万円 △21億7600万円 △167億100万円
通期予想 未定 未定 未定

主力のスマートフォン向けディスプレイにおいて、顧客の有機ELディスプレイ採用や競合他社との競争激化により、中国向けの売上高が減少したことに加え、事業構造改善費用として138億2700万円の特別損失を計上し、また、持分法適用会社「JOLED」の業績悪化に伴う投資損失として36億4400万円の営業外費用を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字拡大となりました。

2018年3月期第2四半期決算短信:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事