不景気.com > 海外リストラ > トヨタが豪州での自動車生産を終了、54年の歴史に幕

トヨタが豪州での自動車生産を終了、54年の歴史に幕

トヨタが豪州での自動車生産を終了、54年の歴史に幕

トヨタ自動車のオーストラリア法人「トヨタ・モーター・コーポレーション・オーストラリア」は、10月3日付でオーストラリア国内での自動車生産を終了しました。

生産拠点のアルトナ工場では、従業員や関係者など約3000人が集まり生産終了の式典が開催され、その多くが名残を惜しむ中、54年の歴史に幕を閉じました。

同社は、オーストラリアドル高騰の影響で、ニュージーランドなどへの輸出の採算が悪化しているほか、国内市場の縮小も重なり生産能力が余剰となっているため、今年2月には自動車生産からの撤退を明らかにしていました。今後は、人員を3900名から1300名へ削減し、販売会社として営業を継続する方針です。

TOYOTA AUSTRALIA CLOSES MANUFACTURING OPERATIONS

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事