不景気.com > 赤字決算 > サンケン電気の18年3月期は137億円の最終赤字へ

サンケン電気の18年3月期は137億円の最終赤字へ

サンケン電気の18年3月期は137億円の最終赤字へ

東証1部上場の電気機器メーカー「サンケン電気」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が137億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:サンケン電気

売上高営業損益純損益
前回予想 1590億円 73億円 25億円
今回予想 1730億円 100億円 △137億円
前期実績 1587億7200万円 59億3000万円 17億3900万円

白物家電向けデバイスやアメリカ子会社の業績が好調なことから、売上高および営業損益は前回予想を上回ると見込むものの、131名が応募した早期退職に伴う費用や、非戦略市場・不採算製品からの撤退に伴う費用などとして、約165億円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:サンケン電気

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事