不景気.com > 赤字決算 > リコーの18年3月期は70億円の最終赤字へ、インド事業不調で

リコーの18年3月期は70億円の最終赤字へ、インド事業不調で

リコーの18年3月期は70億円の最終赤字へ、インド事業不調で

東証1部などに上場する事務機器・光学機器大手の「リコー」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が70億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:リコー

売上高営業損益純損益
前回予想 2兆円 180億円 30億円
今回予想 2兆円 100億円 △70億円
前期実績 2兆288億円 338億8000万円 34億8900万円

インドの現地法人「リコーインド」について、赤字が継続していることに加え、取引先からインド破産倒産法を申し立てられるなど関係悪化が深刻化していることから、再建方針の見直しに伴う損失として約300億円を見込むため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:リコー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事