不景気.com > 国内リストラ > 楽天がクーポンサービス「RaCoupon」から撤退、11月に譲渡

楽天がクーポンサービス「RaCoupon」から撤退、11月に譲渡

楽天がクーポンサービス「RaCoupon」から撤退、11月に譲渡

東証1部上場のインターネット通販大手「楽天」は、10月31日をもってクーポンサービスの「RaCoupon 買うクーポン」から撤退すると発表しました。

11月1日付で、同事業を予約サイト運営の「EPARK」へ譲渡する予定で、サービス名やURLも変更になるほか、サービスを継続利用するには会員IDの移行が必要になります。

2010年9月にクーポンサービスを開始し、2012年に同業の「シェアリー」を買収すると、2013年には両サービスを統合し事業を拡大したものの、クーポンサービスの人気が下火となっていることで、業績が伸び悩んでいることから、事業の売却を決定したようです。

親会社変更に伴う商号およびサービス名変更のお知らせ:RaCoupon「買うクーポン」

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事