不景気.com > 国内倒産 > 秋田・能代の建設業「西村土建」が破産へ、負債10億円

秋田・能代の建設業「西村土建」が破産へ、負債10億円

秋田・能代の建設業「西村土建」が破産へ、負債10億円

秋田県能代市に本拠を置く建設業の「西村土建株式会社」は、10月24日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1949年に設立の同社は、主に官公庁を取引先とする土木・舗装工事を手掛けるほか、建築・造園工事やアスファルト合材の製造・販売も行っていました。

しかし、取引先の経営破綻に伴い資金の焦げ付きが発生したことに加え、景気低迷に伴う公共工事の縮減で業績が悪化すると、所有不動産の売却などで生き残りを目指したものの、遂に資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

負債総額は約10億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事