不景気.com > 不景気ニュース > マイクロソフトが音楽配信の「Groove Music Pass」を終了

マイクロソフトが音楽配信の「Groove Music Pass」を終了

マイクロソフトが音楽配信の「Groove Music Pass」を終了

アメリカのソフトウェア大手「マイクロソフト」は、12月31日をもって音楽配信サービスの「Groove Music Pass」を終了すると発表しました。

2012年に「Xbox Music」の名称で開始された同サービスは、定額制もしくは楽曲単位での購入が可能な音楽配信サービスで、2015年に「Groove Music Pass」へ名称を変更していたものの、利用者数の伸び悩みなどからサービスの継続を断念し今回の決定に至ったようです。

なお、楽曲の配信・購入・ダウンロードが終了した後も、「Groove Music」単体のアプリとして音楽再生には対応する一方、ユーザーには音楽配信サービス大手の「Spotify」への移行を推奨しています。

Microsoft to bring Spotify to Groove Music Pass customers - Windows Experience Blog

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事