不景気.com > 海外倒産 > 破産した独航空「エア・ベルリン」が運航停止へ、10月27日で

破産した独航空「エア・ベルリン」が運航停止へ、10月27日で

破産した独航空「エア・ベルリン」が運航停止へ、10月27日で

8月15日付でベルリン・シャルロッテンブルク地方裁判所へ破産手続を申請したドイツの航空会社「エア・ベルリン」は、10月27日をもって全便の運航停止を発表しました。

1978年に設立の同社は、旅客数でドイツ2位の規模を誇る格安航空会社で、他社とのコードシェア便として日本にも乗り入れるなど事業を拡大していたものの、競争激化による資金繰りの行き詰まりで破産手続を申請していました。その後は、ドイツ政府などの支援により運航を継続する予定だったものの、破産手続の遂行には運航停止が必要となり今回の措置に至ったようです。

なお、エア・ベルリンの傘下でオーストリアの格安航空会社「ニキ航空」などを含むエア・ベルリンの一部資産を、ドイツの航空最大手「ルフトハンザ航空」が約280億円で買収することも明らかとなっています。また、エア・ベルリンの運航停止に伴い、同社とJALのコードシェア便も運航停止になります。

Current flight information - airberlin.com
エアベルリンの運航停止に伴う弊社対応について - JAL国際線

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事