不景気.com > 赤字決算 > シンバイオ製薬の17年12月期は40億円の最終赤字へ

シンバイオ製薬の17年12月期は40億円の最終赤字へ

シンバイオ製薬の17年12月期は40億円の最終赤字へ

ジャスダック上場の創薬ベンチャー「シンバイオ製薬」は、2017年12月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が40億900万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年12月期通期業績予想:シンバイオ製薬

売上高営業損益純損益
前回予想 29億300万円 △32億3800万円 △33億600万円
今回予想 35億8300万円 △39億3200万円 △40億900万円
前期実績 23億6800万円 △21億2700万円 △23億1300万円

主力の抗がん剤「トレアキシン」における適応症の拡大を受け、売上高は前回予想を上回ると見込むものの、トレアキシンの新製剤導入に伴うライセンス契約の一時金支払いが生じることから、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:シンバイオ製薬

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事