不景気.com > 国内リストラ > パナソニックが滋賀工場を閉鎖へ、太陽電池モジュール生産

パナソニックが滋賀工場を閉鎖へ、太陽電池モジュール生産

パナソニックが滋賀工場を閉鎖へ、太陽電池モジュール生産

東証1部・名証1部上場の電機大手「パナソニック」は、2018年3月末をもって滋賀工場(滋賀県大津市)を閉鎖すると発表しました。

1950年に「三洋電機」の工場として設立された同工場は、2008年7月から太陽電池モジュールの生産を手掛けているものの、再生可能エネルギーの電力買取価格の引き下げや、中国製などの安価な製品との競合で採算が悪化していることから、生産体制の合理化が必要と判断し今回の閉鎖を決定したようです。

この施策に伴い、住宅用・産業用モジュールの生産は海外工場、車載用モジュールの生産は二色浜工場(大阪府貝塚市)へそれぞれ移管する予定で、滋賀工場の従業員についてはグループ内での配置転換を基本に対応するとのことです。

ソーラー事業競争力強化に向けた構造改革について | Panasonic

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事