不景気.com > 企業不況 > インスペックに上場契約違約金の徴求、株価つり上げで

インスペックに上場契約違約金の徴求、株価つり上げで

インスペックに上場契約違約金の徴求、株価つり上げで

東京証券取引所は、2部上場で外観検査装置製造の「インスペック」に対し、1000万円の上場契約違約金を徴求すると発表しました。

インスペックは、2012年6月の時価総額が3億円未満となったことで、2013年3月31日までに時価総額が3億円を超えない場合は上場廃止となる、時価総額の猶予期間入り銘柄に指定されました。

その後は、時価総額が所要額を超えずに推移したことから、同社は株価のつり上げを目的として社員を使い株式を不正に購入し、結果として上場廃止を免れたことが明らかとなり今回の徴求となりました。

なお、2017年3月には、金融庁から課徴金1224万円の納付命令の決定も受けていました。

上場契約違約金の徴求:インスペック(株) | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事