不景気.com > 国内リストラ > 日立セメントがセメント生産から撤退、太平洋セメントに委託

日立セメントがセメント生産から撤退、太平洋セメントに委託

日立セメントがセメント生産から撤退、太平洋セメントに委託

セメント中堅の「日立セメント」は、2019年3月末をめどにセメント半製品のクリンカの生産を停止し、クリンカおよびセメントの生産をセメント最大手の「太平洋セメント」に委託すると発表しました。

将来的に縮小が予想される国内のセメント需要を見越した判断で、クリンカ・セメントの生産委託に加え、物流の効率化でも業務提携し合理化につなげる考えです。

日立セメントは、同製品の生産停止後も、太平洋セメントに生産を委託したクリンカおよびセメントを用いて、混合セメントや固化材の生産を続けるほか、太平洋セメントから一部の混合セメントについて生産を受託する方針です。

太平洋セメントとのセメント・クリンカ生産受委託の業務提携のお知らせ:日立セメント

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事