不景気.com > 海外リストラ > 米ギャップが不採算200店舗を閉鎖へ、バナリパ・ギャップ対象

米ギャップが不採算200店舗を閉鎖へ、バナリパ・ギャップ対象

米ギャップが不採算200店舗を閉鎖へ、バナリパ・ギャップ対象

アメリカのアパレル大手「ギャップ」は、今後3年間をめどに不採算の約200店舗を閉鎖すると発表しました。

対象となるのは、主力ブランドの「ギャップ」と、同社では比較的に高価格帯となる「バナナ・リパブリック」ブランドで、消費者の嗜好変化などから成長が鈍化しているため、収益改善および成長分野への注力を目的として今回の閉鎖を決定したようです。

なお、低価格ブランドの「オールドネイビー」や、スポーツウェアの「アスリータ」については、今後の成長分野と位置付け、同期間に約270店舗の新規出店を目指すとのことです。

Gap Inc. Outlines Strategy For Long-Term, Balanced Growth

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事