不景気.com > 国内倒産 > 三重の福王カントリークラブを経営、「福王企業」に破産決定

三重の福王カントリークラブを経営、「福王企業」に破産決定

三重の福王カントリークラブを経営、「福王企業」に破産決定

官報によると、三重県菰野町に本拠を置く元ゴルフ場経営の「福王企業株式会社」は、9月11日付で名古屋地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社は、1988年に開場したゴルフ場「福王カントリークラブ」の経営を手掛け、同ゴルフ場は全27ホールの丘陵コースで、宿泊施設を備えるほか高速道路のインターチェンジからも近く、東海・近畿圏のゴルファーを中心に利用されてきたものの、2009年2月に津地方裁判所より土地明け渡しの強制執行を受け、ゴルフ場の閉鎖を余儀なくされていました。

事件番号は平成29年(フ)第1038号で、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は2018年4月17日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事