不景気.com > 赤字決算 > 文化シヤッターの上期は7億円の赤字へ、システム開発断念

文化シヤッターの上期は7億円の赤字へ、システム開発断念

文化シヤッターの上期は7億円の赤字へ、システム開発断念

東証1部上場の建材メーカー「文化シヤッター」は、2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が7億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:文化シヤッター

売上高営業損益純損益
前回予想 710億円 30億円 16億円
今回予想 690億円 15億円 △7億円
前年同期 631億6000万円 23億9000万円 13億3900万円

生産性の向上を目的として、新しい販売管理システムの開発を行っていたものの、当初想定した効果が見込めないと判断し、システム開発の継続を断念したことから、固定資産除却損として17億5000万円の特別損失を計上したため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:文化シヤッター

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事