不景気.com > 国内倒産 > 北九州の鋼材販売「安田商事」が破産申請へ、負債21億円

北九州の鋼材販売「安田商事」が破産申請へ、負債21億円

北九州の鋼材販売「安田商事」が破産申請へ、負債21億円

福岡県北九州市に本拠を置く鋼材加工・販売の「安田商事株式会社」は、8月31日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

旧安田財閥の傘下で、東洋で初めて釘を製造した「安田工業株式会社」の子会社として1948年に設立。当初は「安田釘」の販売を手掛け、その後はステンレス鋼の加工・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、原材料価格の高騰や資金回収の長期化などで厳しい経営を強いられると、在庫評価損などの計上で債務超過に陥り資金繰りが悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

2016年9月期末時点の負債総額は約21億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事