不景気.com > 赤字決算 > ヤマトホールディングスの第1四半期は100億円の営業赤字

ヤマトホールディングスの第1四半期は100億円の営業赤字

ヤマトホールディングスの第1四半期は100億円の営業赤字

宅配便大手の「ヤマト運輸」を傘下に持つ「ヤマトホールディングス」は、2018年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が100億円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期第1四半期連結業績:ヤマトホールディングス

売上高営業損益純損益
2018年3月期(1Q) 3554億7800万円 △100億円 △79億3700万円
前年同期 3418億7600万円 74億3300万円 36億6100万円
通期予想 1兆4900億円 250億円 120億円

宅配便の取扱数量は依然として増加しており、売上高は前年同期を上回ったものの、人員不足に伴う配達委託などの費用が嵩んだほか、未払残業代の支払いなどに対する一時金として52億円を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

なお、通期業績については、大口顧客への値上げ要請など収益構造の改革効果を見込むことから、営業損益・純損益ともに黒字予想となっています。

2018年3月期第1四半期決算短信:ヤマトホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事