不景気.com > 赤字決算 > 大平洋金属の18年3月期は66億円の最終赤字へ

大平洋金属の18年3月期は66億円の最終赤字へ

大平洋金属の18年3月期は66億円の最終赤字へ

東証1部上場で合金フェロニッケルを製造する「大平洋金属」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が66億1600万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:大平洋金属

売上高営業損益純損益
前回予想 456億9500万円 △64億7600万円 △46億2400万円
今回予想 366億1100万円 △83億7000万円 △66億1600万円
前期実績 386億9700万円 △30億7000万円 △35億6100万円

ニッケル価格の低迷に加え、主原料となるニッケル鉱石の高値維持により厳しい環境が続いていることから、生産・販売数量の調整が必要となるため、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大平洋金属

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事