不景気.com > 国内倒産 > 福岡のGS「熊谷石油店」が破産申請へ、九州北部豪雨で

福岡のGS「熊谷石油店」が破産申請へ、九州北部豪雨で

福岡のGS「熊谷石油店」が破産申請へ、九州北部豪雨で

福岡県朝倉市に本拠を置くガソリンスタンド経営の「有限会社熊谷石油店」は、8月4日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1967年に設立の同社は、朝倉市杷木にてガソリンスタンドの経営を手掛け、地元では業歴の長い老舗のガソリンスタンドとして知られていました。

しかし、競合店との価格競争などで低採算が続き資金繰りが悪化すると、九州北部豪雨の影響でガソリン需要が急増した一方、仕入れ代金の支払いが困難となったため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約9600万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事