不景気.com > 赤字決算 > カメラのキタムラの18年第1四半期は純損益11億円の赤字

カメラのキタムラの18年第1四半期は純損益11億円の赤字

カメラのキタムラの18年第1四半期は純損益11億円の赤字

東証2部上場でカメラ用品など販売の「キタムラ」は、2018年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が11億1900万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期第1四半期連結業績:キタムラ

売上高営業損益純損益
2018年3月期(1Q) 298億7700万円 △11億8000万円 △11億1900万円
前年同期 320億7600万円 △17億1400万円 △18億6200万円
通期予想 1380億円 15億5000万円 7億円

前期より実施している不採算店舗の閉鎖などの影響で、売上高は前年同期比で減少したほか、店舗販売および写真卸販売を中心に損失の計上が続いていることから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2018年3月期第1四半期決算短信:キタムラ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事