不景気.com > 赤字決算 > ジャパンディスプレイの18年第1四半期は314億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第1四半期は314億円の最終赤字

ジャパンディスプレイの18年第1四半期は314億円の最終赤字

東証1部上場でディスプレイ製造大手の「ジャパンディスプレイ」は、2018年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が314億5600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期第1四半期連結業績:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
2018年3月期(1Q) 1885億8800万円 △144億4200万円 △314億5600万円
前年同期 1743億4200万円 △34億1100万円 △117億7200万円
通期予想 未定 未定 未定

中国をはじめとするアジア向けが堅調だったことから、前年同期比で売上高は増加したものの、有機ELの研究開発費が増加したほか、生産能力の縮小や人員削減を含む構造改革費用を計上し、また、繰延税金資産の取り崩しとして約75億円の法人税等調整額を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

2018年3月期第1四半期決算短信:ジャパンディスプレイ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事