不景気.com > 国内倒産 > 三重の建設業「服部組」が自己破産申請へ、負債14億円

三重の建設業「服部組」が自己破産申請へ、負債14億円

三重の建設業「服部組」が自己破産申請へ、負債14億円

三重県菰野町に本拠を置く建設業の「株式会社服部組」は、8月21日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1939年に創業の同社は、三重県北部を営業エリアとして、河川・砂防・造成・災害復旧などの土木工事や、学校・公共施設・商業施設・住宅などの建築工事を主力に事業を展開し、公共工事を主体に近年は民間工事にも積極的に進出していました。

しかし、景気低迷により主力だった公共工事の受注減で売上が落ち込むと、工事採算の悪化も重なり業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約14億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事