不景気.com > 国内倒産 > 三井化学合弁の「千葉フェノール」が特別清算、負債49億円

三井化学合弁の「千葉フェノール」が特別清算、負債49億円

三井化学合弁の「千葉フェノール」が特別清算、負債49億円

官報によると、東京都港区に本拠を置く化学品製造の「千葉フェノール株式会社」は、8月14日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1990年に設立の同社は、「三井化学」が55%、「出光興産」が45%をそれぞれ出資する合弁会社で、フェノールやアセトンの製造を主力に事業を展開し、出資する2社に対し販売を行っていました。

しかし、国内需要の減少に加え、アジア地域での供給過剰で輸出採算が悪化したため、2014年には工場を閉鎖し、その後は事後処理を進めていました。

負債総額は約49億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事