不景気.com > 国内倒産 > 大阪の建材商社「菊水」に破産決定、負債18億円

大阪の建材商社「菊水」に破産決定、負債18億円

大阪の建材商社「菊水」に破産決定、負債18億円

大阪府大阪市に本拠を置く建材商社の「菊水株式会社」は、7月27日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1955年に「菊水ベニア株式会社」として設立の同社は、床・天井・外壁・内壁・水回りなどの建材や住宅機器の販売を主力に事業を展開するほか、工法住宅の設計・施工・販売も手掛け、東京・神戸・和歌山・南大阪に支店を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による建設市況の悪化で売上が落ち込むと、営業所など保有資産の売却などにより財務体質の改善に努めたものの、その後も事業環境は低迷を続けたため、資金繰りが行き詰まり今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約18億円の見通しで、関連会社の「キクホームズ」および「キクスイ物流」にも同様の措置が取られたとのことです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事