不景気.com > 赤字決算 > 大塚家具の17年12月期は63億円の赤字へ、店舗改革前倒

大塚家具の17年12月期は63億円の赤字へ、店舗改革前倒

大塚家具の17年12月期は63億円の赤字へ、店舗改革前倒

ジャスダック上場の家具販売大手「大塚家具」は、2017年12月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が63億2000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年12月期通期業績予想:大塚家具

売上高営業損益純損益
前回予想 530億1900万円 5億円 3億6700万円
今回予想 428億1600万円 △43億8300万円 △63億2000万円
前期実績 463億700万円 △45億9700万円 △45億6700万円

新築まとめ買い需要への依存度が高い大型店を中心に売上が低迷していることに加え、関東エリアの4店舗・その他エリアの2店舗について過剰面積の縮小を実施することから、店舗規模の適正化に伴う事業構造改善引当金として19億4800万円の特別損失を計上するため、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:大塚家具

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事