不景気.com > 国内倒産 > アニメ制作「アニメーションスタジオ・アートランド」が弁護士一任

アニメ制作「アニメーションスタジオ・アートランド」が弁護士一任

アニメ制作「アニメーションスタジオ・アートランド」が弁護士一任

東京都武蔵野市に本拠を置くアニメーション制作の「株式会社アニメーションスタジオ・アートランド」は、債務整理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1978年に「有限会社アートランド」として設立の同社は、テレビ・ビデオ・映画・ゲーム向けアニメーションの企画・制作を主力に事業を展開し、数多くの有名作品に制作協力として参加したほか、テレビアニメ「蟲師」シリーズの制作を手掛けていました。

しかし、その後は外注費の増加や納品の延期などから資金繰りが悪化すると、2016年には中国のアニメ会社から出資を受け生き残りを目指したものの、資金繰りは改善せず今回の措置に至ったようです。

負債総額は約3億円の見通しで、今後は事業を継続しながら、私的整理による再建を目指す方針です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事