不景気.com > 企業不況 > 田淵電機が「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

田淵電機が「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

田淵電機が「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

東証1部上場でトランス・電源など電子機器製造の「田淵電機」は、2017年3月期決算短信において「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記を加えると発表しました。

売上高の著しい減少や赤字の計上に加え、主力行からの借入金に付されている財務制限条項に接触しており、その変更契約について現在協議中であることから、今回の注記に至ったようです。

同社によると、固定費削減や事業組織改革、商品ラインナップの拡充をはじめとする経営改善策を開始しており、それら施策により業績回復を目指すとのことです。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ:田淵電機

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事