不景気.com > 国内倒産 > 旅行チケット販売「シナジーコーポレーション」が弁護士一任

旅行チケット販売「シナジーコーポレーション」が弁護士一任

旅行チケット販売「シナジーコーポレーション」が弁護士一任

東京都港区に本拠を置く旅行チケット販売の「株式会社シナジーコーポレーション」は、事業を停止し事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

2005年に設立の同社は、「サンクスツアー」「ワンエーツアー」「シナジーチケット」「シナジーレンタカー」などの名称で、国内・海外格安航空券や新幹線チケット・レンタカーの手配・販売を主力に事業を展開していました。

しかし、航空会社による自社チケット販売の強化や、同業他社との競争激化の影響で売上が減少すると、積極的な事業拡大も裏目となり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2016年3月期末時点の負債総額は約4億円です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事