不景気.com > 海外倒産 > 小売大手「シアーズ・カナダ」が再生法申請、2900名を削減

小売大手「シアーズ・カナダ」が再生法申請、2900名を削減

小売大手「シアーズ・カナダ」が再生法申請、2900名を削減

カナダ・トロントに本拠を置く小売大手の「シアーズ・カナダ」は、6月22日付でオンタリオ州上級司法裁判所へ企業債権者調整法(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

同社は、アメリカの小売大手「シアーズ・ホールディングス」のカナダ部門が分離・独立するかたちで、2012年に設立されたものの、インターネット通販の台頭による競争激化などから業績が低迷しており、事業継続には債務の削減および運転資金の調達が急務と判断し、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

同法の申請に伴い、業績改善策として不採算の約60店舗を閉鎖するほか、店舗および本社従業員など約2900名の人員削減を実施する予定で、2017年内にも再生手続の完了を目指す方針です。

Sears Canada Seeks Creditor Protection to Pursue Restructuring Plan

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事