不景気.com > 買収合併 > エヌジェイHDが破綻した「ブーム」の支援スポンサーへ

エヌジェイHDが破綻した「ブーム」の支援スポンサーへ

エヌジェイHDが破綻した「ブーム」の支援スポンサーへ

ジャスダック上場で携帯電話販売やゲーム開発などを手掛ける「エヌジェイホールディングス」(旧商号:ネプロジャパン)は、5月1日付で民事再生法の適用を申請した「ブーム」(東京都台東区)との間で支援スポンサー契約を締結したと発表しました。

1997年に設立のブームは、業務用ゲームソフトの開発や家庭用ゲームソフトの受託開発、遊技機の開発を手掛けてきたものの、遊技機に対する規制強化の影響による受注延期などから、開発人員の未稼働が続いたため、自力での再建を断念し民事再生法の適用を申請していました。

エヌジェイホールディングスによると、ブームとの過去の取引実績から開発能力を評価しており、ゲーム事業の拡大にシナジー効果を活かせると判断し再生支援の決定に至ったようです。

ブームの事業再生支援に伴う事業譲渡契約締結に関するお知らせ:エヌジェイホールディングス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事