不景気.com > 国内倒産 > 静岡の菓子製造「ロリエ常盤家」が自己破産申請へ

静岡の菓子製造「ロリエ常盤家」が自己破産申請へ

静岡の菓子製造「ロリエ常盤家」が自己破産申請へ

信用調査会社の帝国データバンクによると、静岡県静岡市に本拠を置く菓子製造の「株式会社ロリエ常盤家」は、6月12日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1911年(明治44年)に「常盤家本店」の屋号で羊羹製造業として創業の同社は、1963年に現商号へ改称し洋菓子の製造へ主軸を移すと、静岡市内を中心に店舗網を拡大し、2001年には和菓子の製造を再び開始したほか、2009年からはOEMによる生産請負も開始していました。

しかし、県外大手菓子店の進出などによる競争激化や、郊外型ショッピングモールをはじめとする商業施設の多様化で店舗の客足が鈍ると、過去の店舗網拡大などによる積極的な設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約3億9000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事