不景気.com > 海外倒産 > 米子供服チェーン「Gymboree」が破産法第11章を申請

米子供服チェーン「Gymboree」が破産法第11章を申請

米子供服チェーン「Gymboree」が破産法第11章を申請

アメリカの子供服チェーン「Gymboree」は、6月11日付でバージニア州東部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

1976年にサンフランシスコ湾岸部で創業の同社は、子供とその母親向けの衣料品・アクセサリーの販売を主力に事業を展開し、「Gymboree」「Janie and Jack」「Crazy 8」などのブランドを手掛け、アメリカ・カナダやその他の地域のフランチャイズ店舗を含め1300店舗以上を展開していました。

しかし、ネット通販の台頭による店舗小売市場の縮小に加え、他ブランドとの競争も激化していることから、事業継続には債務の再編が必要と判断し今回の措置に至ったようです。

Gymboree Restructuring

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事